banner

施工実績&日記

川口の花壇植込み

川口の花壇植込み
2013.05.13


昨日は午後から久々に予定が空いたので久しぶりにゴルフの練習場に行きました。
結果は散々・・・
右へ左へ、狙いは真直ぐなのに・・・
今後の課題だけが残った練習となってしまいました。
ゴルフ練習場

さて今日は朝起きると霧雨が降っている???
予報ではさいたま27度で暑くなる予報だったはず?
天気の回復を信じ現場へ出かけました。

お客様の育てたバラが見事に咲き乱れています。
とても綺麗なのでおことわりして写真に収めさせていただきました。
すごく綺麗ですね。
川口花壇植込7

そして今日はこの花壇を模様替えします。
川口 着工前4 川口 着工前5 川口 着工前2
この花壇はお客様がご自分で植えたオリーブを中心にパンジー等のお花が綺麗に咲いていましたが右端のオリーブが
枯れてしまったのを機に一新する事を決意され行う工事となります。
もちろん今ある樹木等は生かしながら新しい木を入れ造り替えます。
まずはなぜオリーブが枯れたか原因を探る為、掘り返してみると花壇の客土は黒土で100㍉程入っておりましたがその下は
予想通り、ガッチリと粘土と砕石、そしてコンクリートがギッシリと入っておりました。
案の定しっかりと水を含んでおり恐らく根腐れが原因で枯れてしまったと思われます。
この状況を見てしまった以上そのまま植える訳には行きませんので原因となる粘土やコンクリートを壊し搬出して土壌改良を
行います。現況の土をベースに様々な改良資材を投入しサラサラの土にします。
川口花壇植込み1
この改良した土をベースにし今日のシンボルツリーであるハナミズキとアオハダを植込みます。
まずは4m程のハナミズキです。根鉢が大きい為、ユニック車で入れ込みました。そのあとアオハダを植え込みました。
川口花壇植込み2 川口花壇植込28
最後に低木類を植え込みました。
うまく改良できたので植込みはスムーズにできました。
川口花壇植込10
こちらが植込み後の写真です。
施工前                  施工後
川口 着工前1 川口花壇植込22 
南向きで巾の広い花壇なので草花だけでは変化に乏しい為、シンボルとなるハナミズキ、アオハダを中心に低木類を混ぜ
バランスよく植え込みました。

施工前                    施工後
川口 着工前2 川口花壇植込32

施工前                    施工後
川口 着工前5 川口花壇植込25

デッキ内からの眺めです。
写真だと後ろの公園の木々と被ってしまい解りづらいですがハナミズキとアオハダの緑が見えて涼しげに見えます。
今後いい木陰を作ってくれると思います。
川口花壇植込34

ハーブのラベンダーやカラーリーフの綺麗なプリペットレモン&ライム、斑入りのギボウシ、クリスマスローズ、アベリア、レモンバーム、エバーゴールド他
常緑性の植物を中心に賑やかな花壇になりました。
少々大きくなる種類も多いので日々の管理は欠かせませんが、木々の成長が楽しみな庭が増えました。
次回来るのが楽しみです。
明日は今日行けなかった東松山のブロック積みです。
川口花壇植込35  川口花壇植込27 川口花壇植込8 川口花壇植込26 川口花壇植込11 川口花壇植込3





 

施工実績&日記一覧

上尾市の剪定管理 キンモクセイ刈込とスズメ蜂の駆除

2016.07.26
今日は昨日に引き続き上尾市の工場剪定工事に来ました。まだスズメ蜂、アシナガ蜂の巣を駆除していないので東側のキンモクセイから始めました。 脚立も入らず隣の家との隙間に体を入れながらスプレー

上尾市の剪定工事 カイズカイブキと蜂の駆除

2016.07.25
今日は上尾市の工場剪定工事に来ました。月初に行う予定でしたが中々予定がつかず最終週になってしまいました。今日はカイズカをバリカンで刈込しました。 中々良いペースで進めて行くとアシ

打合せの一日

2016.07.23
今日はさいたま市の手入れ工事、湯河原インターロッキングの続き、富士見市のお庭工事等々現場が動いておりますが一切行けず・・ 打合せONRYの一日になってしまいました。朝一で東松山の伐採抜根剪定工事現場

湯河原外構造園工事現場 インターロッキング敷き

2016.07.22
今日は大雨洪水警報の出ている湯河原に来ました。雨も降り靄が出ていてこんな感じの湯河原です。 シートを敷いてクッション砂を敷き詰め並べて行きます。 今日はこんな感じで切り物を

富士見市 お庭工事 石張り完了、湯河原 外構造園工事 インターロッキング下地完了

2016.07.21
今日は朝から雨模様!と言う事で埼玉の現場作業は中止にしました。中々行けなかった富士見市の造園工事現場に石張りの完了確認をしに行きました。 まだ目地詰め等残っておりますが石
Copyright(c) ミチヒラ造園. All Rights Reserved.